×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スキャンダラスな令嬢

チャリティ・オークションの主催者エリザ・フォーチュンは、出番を告げるアナウンスに促され、ステージ中央に進んだ。
今日エリザが競売にかけるのは、手料理をふるまうというディナー権だ。
ディナー権はすぐさま高値に吊り上がって次々に入札の声があがったが、一人の男が提示した法外な金額に、場内は静まり返った。
「三万五千ドル」ハスキーなその声を耳にしたとたん、エリザの背筋は凍りついた。
どれだけ歳月が流れようとも、聞き間違えるはずがない。
目をやると、やはりリース・パーカーが会場奥の席に陣取っている。
エリザは狼狽しつつも、リースの冷ややかな視線を受け止めた――六年ぶりに会う、夫の視線を。
広告代理店で働くジェーンは、数日前、婚約者だった男性から別れを告げられたばかりだ。
これまで以上に仕事に没頭するようになった彼女は、ある打ち合わせの席でハンサムなモデルのジェイに出会う。
初対面のはずなのになぜか惹かれるものを感じ、相手にされるわけがないと思いつつもディナーに誘うと、驚いたことに彼は喜んでそれに応じた。
約束の日の夜、欲望のままに二人が結ばれた直後、彼が口にした言葉にジェーンは凍りついた。
「ジェーン、僕は……君の幼なじみのジョニーだ」シンシアはため息をついた。
どう断ればいいのかしら? 同級生の結婚披露パーティに招待されたものの、エスコートしてくれるボーイフレンドもいなければ、華やかな場にふさわしい外見を繕う自信もない。
そんなシンシアを見かねた親友のリサは、上司の建築家マックスを説き伏せ、シンシアのエスコート役に仕立て上げた。
パーティ当日、二人が会場に足を踏み入れると、辺りがいっせいにざわついた。
嘘でしょう? 本当に彼女が、あのみとっもないシンシアなの?ケイトは会社のパーティで、著名な小説家のドレイクと知り合う。
意気投合した二人はその日からつきあうようになった。
ハンサムで才能あふれる彼に憧れる女性は多いというのに、平凡な自分が彼の目に留まったのがケイトには信じられなかった。
ただ、執筆のたびに彼が雲隠れをすることに不安があった。
それでも行方を追わずに待つというのが暗黙の掟だったが、あるとき体調の変化に気づいたケイトは、話し合いのためにドレイクの隠れ家を突き止めた。
だが、その扉の向こうには思いも寄らぬ光景が待っていた――最愛の男性のほかに、見知らぬ美女の姿があったのだ!恋人を亡くして心に深い傷を負ったクリントのために、サニーは家政婦として彼の家で働くことにした。
表向きは身のまわりの世話をしながらも、新しい恋人を見つけてあげるのが真の目的だ。
だが、もう誰も愛せないと思い込んでいる彼をその気にさせるような相手を探すのは困難だった。
さらに困ったことに、クリントの高潔で誠実な人柄に触れるうち、いつしかサニーの中には恋心が芽生えていた。
恋などしたことのない私が彼の心をつかめるわけがない。
募る想いを抑え、サニーは彼に似合う女性を探し続けるが……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60022639