×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



株式会社大山田出版仮編集部員山下たろ〜くん(8)

再び草野球で対決することになった「コミックショーネン」と「ギーガ」。
近藤に須永、熊田の三人が助っ人として加わった「コミックショーネン」に対し、「ギーガ」には何と海空高校時代のライバル、江河原高校の吉田と北野がいた! 史上最高VS史上裁最強、そしてナンバーワンコミック誌の座を決する戦いが幕を開ける!!「コミックショーネン」編集部に、突如辰巳の姉がやってきた。
辰巳は財閥の長男で、父親が亡くなったときに家を継ぐことを約束していたために連れ戻しにきたのだ。
辰巳はもう「コミックショーネン」に戻らないのでは…。
誰もがそう思う中、たろ〜だけは辰巳は信じていた。
果たしてたろ〜の想いは、辰巳に届くのだろうか!?財閥のあとを継ぐか、それとも「コミックショーネン」の仕事を続けるかで悩む辰巳。
一方、藤井とともに「コミックショーネン」の増刊号を任されたたろ〜は、須永の原作をかたちにするために小松崎、犬井、森川、中津川による魂の大合作を完成させる。
そして、増刊号としては異例の50万部を売り上げる。
これまでの功績が認められ、ついに大山田出版の正社員となったたろ〜。
次なる目標は、「ギーガ」を超えること。
しかし、その前に「ギーガ」の新編集長・早乙女と新編集部員の山田が立ちはだかる! そんな折、相談役派の陰謀で書店研修をすることになったたろ〜。
そこには、大魔道書店の店長“新入社員殺しの大魔道”が待ち受けていた!大魔堂書店での新人研修を乗り越え、またひとまわり大きく成長したたろ〜は漫画の編集者として燃えていた。
しかし、「ギーガ」の新編集長・早乙女は「コミックショーネン」を徹底的に潰そうと、漫画家をいっせいに引きぬきにかかる。
「コミックショーネン」そして、山下たろ〜の運命はいかに!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007918