×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本のことわざ

ことわざは民衆が実生活の体験のなかから、人間や人生に対する批評として生み出されたものであり、逆にそれらをくだけた言葉として伝えるコミュニケーションの手段でもある。
その意味でことわざは、伝えられたい文化遺産といってよい。
「使う者は使われる」は、昔、奉公人などをたくさん使用する人が、逆に、使うために心身を労し、結局奉公人に使われるようになる、という今に通じる話。
「子ほど喜ばせにくいものはなく、親ほど喜ばせやすいものはない」もその伝。
独特の武士魂が育った薩摩藩島津家。
家中には上級武士と下級武士の対立が根強くのこっていたが・・・その薩摩藩に徳川幕府より、濃尾治水工事の命令が下った。
時代劇画の巨匠平田弘史が描く凄絶な大河ドラマ第1弾!!徳川幕府が、薩摩藩島津家に命じたのは、美濃尾張国にまたがる三河川の治水工事だった。
そのためには、十五万両という莫大な費用が必要だった・・・巨匠が描く、壮大な傑作時代劇巨編第2弾!!いよいよ美濃平野での治水工事が始まった。
しかし、薩摩藩士の前には、さまざまな難問が横たわる。
そして・・・・時代劇画の巨匠が魂をこめて描く男たちのドラマ!!いよいよ佳境へ!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007078